記事検索
 
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2010年12月31日

2年前の再現なるか?

CIMG9462.jpg

今日は高校サッカー1回戦が8会場で開催されまして、自分は等々力陸上競技場で2試合観戦。


[1]鹿島学園(茨城)vs大分鶴崎(大分)

[2]静岡学園(静岡)vs米子北(鳥取)


[鹿島学園(茨城)vs大分鶴崎(大分)]
一昨年の選手権でベスト4進出して以来の大舞台に臨む鹿島学園は、序盤から鋭いプレスから何度も攻め込まれる場面が多く、そんな中でも鹿島学園のGK細田選手の好セーブ、DF陣の粘りでピンチ凌いで前半は0ー0。


後半に入ると鹿島学園は、2年生MF西谷和希選手のドリブルなどでチャンスを作りにいくと、後半17分にFW近藤選手のシュートが弾いたところを、ゴール前までオーバーラップしていたDF小野選手が押し込んで先制。


さらに後半34分には、鹿島学園のキャプテンMF請川選手が右サイドから上げたクロスボールを、FW近藤選手が頭で合わせて追加点2ー0。


大分鶴崎は最後までサイド攻撃を仕掛けてきて、後半ロスタイムにDF藤川選手のヘディングで1点差に詰め寄られますが、前半はDF陣の頑張り、後半の勝負どころで決勝点を挙げた鹿島学園が2回戦進出。



勝った鹿島学園は、序盤こそ大分鶴崎の速いプレスとサイド攻撃に苦しみましたが、後半に上手くリズム作れていたと思います。
次戦はインターハイ準優勝の滝川第二との対戦ですが、今大会は2年前の再現なるか?注目しています!


写真:小野選手の先制ゴールで駆け寄る鹿島学園イレブン
posted by 蜜柑星人 at 23:46 | 東京 ☀ | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

第89回全国高校サッカー選手権大会が開幕!

CIMG9374.jpg

今日から高校サッカー界の頂点を目指す熱き戦いが始まりました。
現地は寒いけど、今大会も頑張って足運んでいこうと思います。



今日の開会式の直後には、駒澤大高(東京B)vs大津(熊本)のオープニングゲームが行われました。

試合の方は、大津が速いパス回しで駒澤大高陣内に攻め込む場面多かったのですが、前半8分に駒澤大高のMF黒木選手のロングスローがペナルティエリア内でこぼれ球となり、そこで反応したMF高平選手が蹴り込んで先制ゴール。
しかし、大津も速い攻守の切替から精度高いパスワークで繋ぐと、前半18分に大津のMF若杉選手が左足でシュートを決めて1ー1の同点。


1ー1の同点で後半に入ると互いに堅守で決定機を凌いで暫く膠着状態でしたが、駒澤大高は後半28分に右サイドからMF黒木選手がクロスを上げると、走り込んできたFW須貝選手のダイビングヘッドが大津ゴールに突き刺さって2ー1で駒澤大高が勝ち越し。
後半ロスタイムには大津のPKもあり、最後まで勝負の行方がわからない展開でしたが、駒澤大高のGK岸谷選手がナイスセーブ!あわや同点のピンチを背負いましたが、選手権初出場の駒澤大高が初勝利を挙げました。


大津も最後まで精度高い攻撃を仕掛けていましたが、攻守で粘る駒澤大高が勝りました。
選手権初出場初勝利を挙げた駒澤大高は、昨年の山梨学院大附属のように旋風巻き起こすだろうか。2回戦は星稜(石川)と徳島商(徳島)の勝者ということで、どちらが上がってきても伝統校との対戦になりますが、次戦の戦いにも注目したいところです。


写真:選手権初出場初勝利を挙げた駒澤大高イレブン
posted by 蜜柑星人 at 17:13 | 東京 ☀ | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

来季は必ず昇格!!

DVC00011.jpgDVC00010.jpg

一昨日はジェフのフクアリ最終戦でした。
ジェフのJ1昇格が絶たれてしまいましたが、最終節で対戦する徳島にはアウェーで敗戦しているし、来季もJ2で対戦するだけに、良い形で締め括りたいところ。


前半からジェフは中盤でボールキープしても、徳島のディフェンスをなかなか突破できず、決定機を掴めない。そんな展開でも徳島のサイドからの攻撃をDFの鎌田選手が対応するなど、中盤での競り合いが続いた状況で前半0ー0で折り返し。


均衡破れたのは後半8分、ゴールポストで弾いたボールを頭で合わされてしまい、先制ゴールを奪われてしまいます。
流れを掴めないジェフは、後半15分に久保、米倉両選手、さらに後半27分には深井選手を起用して反撃を仕掛けます。何度か得点チャンスを作るものの、徳島のディフェンスがとにかく堅い。


0ー1のままロスタイムは5分。最後の反撃でジェフは、山口選手のシュートがこぼれ球となり、ペナルティエリア手前に駆け込んだ米倉選手がダイレクトで放つシュートが徳島ゴール右上に突き刺さる!
最後は今季限りで退任される江尻監督に白星を挙げて締め括りたかったけど、終了間際に何とかドローに持ち込んだ試合でした。



今季J2で戦ったジェフですが、J1昇格できなかったことでJ2の厳しさも実感したことでしょう。一昨日の試合を観た限り、ボールキープにしても決定力にしても劣るところが見受けられました。

来季こそJ1昇格する為にも、今季の課題をクリアしてさらにクラブを強くして貰いたいですし、自分自身も参戦できる時は現地に駆け付けて、ジェフを盛り上げていきたいです!!


写真1:右サイドバックでスタメン出場した鎌田選手

写真2:終了間際の同点ゴールを決めた米倉選手
posted by 蜜柑星人 at 16:39 | 東京 ☀ | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

ドロー間際に勝ち点3。

DVC00001.jpgDVC00002.jpg

ジェフがJ1昇格する為にも、福岡の勝敗次第もあるんですが、まずは残り4つ全て勝ってJ1昇格の望みを繋げていくしかありません。


J1昇格を狙うジェフは、昨日フクアリで北九州を迎えての一戦。
立ち上がりから前線に繋ぎ難そうな感じしましたが、前半9分に左サイドからアレックス選手のクロスを、谷澤選手が頭で合わせて先制ゴール。
その後、追加点を奪いたいところですが、北九州のプレスを崩せず、ヒヤヒヤする場面もあり、前半は1ー0で折り返し。


後半も北九州の細かいパス回しから何度も攻め込まれてしまい、後半28分には同点ゴールを奪われてしまいます。
ジェフは再三シュートチャンスを作れず、最後の最後まで苦しい展開でしたが、後半ロスタイムにペナルティーエリア前でクリアボールな反応した佐藤勇人選手が、ダイレクトでシュートを放つ!
このシュートが左のゴールポスト内側に当たりゴールラインを割って、終了間際に勝ち越しゴール!


J2最下位の北九州に最後まで苦しい展開でしたが、何とか勝ち点3を取りました。
残り3試合、勝ちにいくだけ!勝たなきゃ何も始まらない!

(最終節まで参戦できませんが…)まずは明日の草津戦で、ジェフが必ず勝ち点3頂きだいっ!!!


写真1:3トップの右サイドでスタメン出場した太田選手

写真2:決勝ゴールを決めた佐藤勇人選手
posted by 蜜柑星人 at 22:17 | 東京 ☔ | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

まもなくキックオフのフクアリから。

DVC00015.jpg

もう残り4つ、全て勝ちにいくしかない!!!!

まずは今夜、勝ち点3つ必ず頂き!!!!
posted by 蜜柑星人 at 19:27 | 東京 ☀ | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

バースデーゴールに出戻りゴール。

CIMG7962.jpgDVC00006.jpg

昨日は19時からキックオフのジェフvs岡山の試合も参戦しました。
前節で痛い黒星を喫して、昇格争いも混戦しそうですが、まずはホームのフクアリで勝ち点3をもぎ取りたいところ。


試合の方は、序盤に右サイドから切り込む太田選手から仕掛けに入ると、前半5分に太田選手の右からのクロスを工藤選手のボレーが決まって、ジェフが鮮やかに先制。自らバースデーゴールを決めるところはさすがです!

しかし、ジェフにアクシデント発生。前半21分にこの試合センターバックに入る茶野選手が負傷退場してしまい、和田選手と交代することに…。茶野選手がピッチを外れて交代まで10分ほど、岡山に攻められる時間帯もありましたが、しっかり立て直しを図ります。


岡山もロングボールから速いカウンターを仕掛けますが、山口選手のプレスなどで前半終盤に得点チャンスを作っていました。前半は追加点は奪えませんでしたが、1ー0で折り返し。



後半最初の15分ぐらいは、ジェフが果敢に攻める場面が多く、後半22分に右サイドから青木良太選手のパスがネット・バイアーノ選手に繋がって、ループ気味のシュートが決まって2ー0。
岡山も速いカウンターを仕掛ける場面がところどころありましたが、ジェフの勢いが止まらず、後半36分には途中出場の村井選手の左足が見事に決まって3ー0!
ディフェンスでも山口、坂本両選手を中心に、岡山の反撃を阻んで完封で勝ち点3はもうすぐ…ってところで、ロスタイムには佐藤勇人選手が岡山にトドメを刺す4点目のゴールで勝負あり!!!
今季からジェフに出戻りの村井、佐藤勇人両選手のゴールは、個人的にホント嬉しかったし、最後に良いもの観させて頂きました!!


序盤に茶野選手のアクシデントもありましたが、サイドから茶野選手の位置に入った坂本選手、ボランチの山口選手を中心にフォローして、攻撃も終盤に機能したジェフが4ー0で快勝しました!!!



J1昇格争いも混戦模様ですが、昨日みたいに攻守の歯車が噛み合えば、上位定着の力は十分あります。J2のリーグ戦も12月の上旬まであるので、とにかく走りまくって勝ち続けるしかないですよ!!



写真1:前半5分に工藤選手(左から2人目)がバースデーゴールを決めると、横一列でゆりかごダンス


写真2:4点目のゴールを決めた佐藤勇人選手(左から2人目)に駆け寄るジェフの選手達
posted by 蜜柑星人 at 23:56 | 東京 ☀ | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

カメルーンから白星!

100615_053447_ed.jpg

昨日は日本時間の23時から、日本のW杯初戦となるVSカメルーン戦が行われました。


自分もテレビ観戦していましたが、前半10分足らずで爆睡…。目覚めたらハイライトやっていたので、本田選手のゴールはハイライトで確認。


今朝の新聞を見た限りだと、カメルーンのシュート数がやたら多かったような…。でも、1ー0でカメルーン相手に完封はお見事ですね!


この後はオランダ、デンマークと強豪国との対戦が続きます。開始時間があまり遅いと観ているうちに、また爆睡すると思いますが…(爆)。せめて、ハイライトや新聞などで結果は追っていきたいと思います。


頑張れニッポン!



※写真は今日のスポニチ一面
posted by 蜜柑星人 at 06:51 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

まずは3位以内を!

DVC00002.jpgDVC00001.jpg

昨日はマリン参戦後、フクアリに移動してジェフ戦に参戦。かつての名門ヴェルディとの対戦でした。


今季はJ2でプレーすることになったジェフですが、現時点では昇格圏内の3位。J2のクラブとは言え、結果を追うと苦戦している試合もあるので、とにかく勝ち点をどこよりも多く重ねて、突き放して貰いたいです!


試合の方は、ジェフが中盤から繋いでいきますが、ヴェルディのDF陣を崩すことができません。逆に、ボールを奪われると、ヴェルディにやや押され気味な時間もあり、前半29分には直接フリーキックから先制ゴールを奪われてしまいます…。
前半は小刻みな繋ぎ方が目立ち、一気に前線まで持っていくなど、シュートチャンスをなかなか作れないまま前半終了。



後半に入ると、アレックス、工藤両選手がシュートを放つなど攻撃の形が出来つつある状態。後半8分から青木孝太選手を起用するなど、ジェフベンチも動き出します。

すると、後半19分に工藤選手からの縦のロングボールを、青木孝太選手が頭で合わせます。その浮いたボールに反応して駆け込んできた山口選手が、ペナルティーエリア手前からダイレクトで放ったシュートがゴール右に決まり同点!


1ー1で迎えた終盤、ヴェルディも果敢に速い攻撃を仕掛けてきて、ヒヤヒヤする場面しばしばありましたが、後半40分に工藤選手から縦のロングボールを受けた青木孝太選手が、ゴール左に決めて逆転!


残り5分+ロスタイム4分、ヴェルディも運動量が落ちることなく反撃仕掛けてきて、苦しみながらも終盤にもぎ取った1点を守り切って、ジェフが逆転勝ちしました。


最後まで苦戦しましたが、勝ち点3を多く積み重ねていかなければ、下位チームだってすぐにはい上がってくるだろうから、決して油断はできません。
厳しい戦いが続くだろうけど、まずは3位以内を絶対死守ですよ!


写真1:同点ゴールを決めた山口選手

写真2:逆転ゴールを決めた青木孝太選手
posted by 蜜柑星人 at 20:01 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

ジェフファン感謝デー2010。

DVC00213.jpgDVC00212.jpg

一昨日は悪天候で開催が危ぶまれましたが、フクアリでジェフのファン感謝デーが開催されました。


今回のファン感では、普段なら入ることのできないVIPルームとロッカールームの中を見学できました。
VIPルームから眺めるフクアリのピッチは、何だか新鮮な感じがしたけど、次にお邪魔するのはいつになるのかな?招待して頂けるなら喜んで!(笑)


ロッカールームには、選手の写真とユニホームが飾られていて、ロッカールーム手前の監督室も見学できました。
ハーフタイム時などは、ここで士気を高めていることでしょう。


イベントの方は、ピッチ内で運動会やミニゲームなど盛り上がっていましたが、グッズショップに選手が手伝いに来る話を聞いて、合間にグッズショップ周辺をウロウロしてました。
最後に行われた綱引きは、選手達もけっこう熱くなっていて、見ているだけでも面白かったです。


この日のフクアリは、すごく寒かったけど、リーグ戦開幕1週間前に、良い景気づけになったかと思います。『J1復帰』の為にも、厳しいリーグ戦を乗り切ってもらいたいです!
今季の日程がけっこう厳しいけど、また機会作って今季もジェフ戦に参戦しますよ!


写真上:茶野選手

写真下:アレックス選手(左)、坂本選手(右)
posted by 蜜柑星人 at 22:31 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

第16回ちばぎんカップ。

DVC00006.jpgDVC00005.jpg

日曜日は、フクアリで「第16回ちばぎんカップ ジェフVSレイソル」が開催されました。


今季のジェフとレイソルは、ともにJ2で戦うことになりますが、ジェフには佐藤勇人、林、村井、茶野4選手が復帰するなど、どんなチームになるのか個人的に注目しています。
…とは言え、何が何でも「1年で必ずJ1復帰」する為にも、少しずつ良い形を作っていきたいところです。


試合の方は、午前中にユナイテッドパークで行われた練習試合に出場していた選手は、ちばぎんカップには出場していませんでしたが、新しい布陣で2010年の初戦に臨みました。


キックオフの笛が鳴って、ジェフは立ち上がりから前線でプレスを仕掛けますが、シュートチャンスが作れず、逆に前半4分にレイソルの澤選手にヘディングを決められてしまいます。


今年最初の4分でいきなり失点するとは思わなかったけど、ジェフは工藤選手を起点に繋いでいきます。しかし、レイソルの堅いプレスを崩せず、逆に速いカウンターを仕掛けられてしまいます。
やや苦しい展開の中、前半36分に深井選手からアレックス選手にパスが通り、同点ゴールを決めます!
ジェフは、前半のうちに同点に追いついて後半戦に入ります。


後半のジェフは、サイドバッグの坂本、渡邊両選手からチャンスを作って1トップの巻選手に合わせますが、決定機をなかなかモノにできません…。
一方、運動量が衰えないレイソルは、後半も速いカウンターで攻撃に出ますが、GK岡本選手の好セーブなどでジェフがピンチを凌ぎます。
終盤になると、ジェフはこの試合DFに入った益山選手も攻撃に参加して、積極的な攻撃を仕掛けたものの、勝負はPK戦へ。


PK戦は、4番手が終わったところで3ー3。レイソルは5番手のフランサ選手がゴール左下にシュートを放つと、ジェフのGK岡本選手が好セーブ!
すると、ジェフは5番手に巻選手が登場。巻選手のPKはゴール中央に決まり、ジェフが2010年初戦で白星を飾りました!


欲を言うと、リーグ戦ではPKがないから、90分で勝負決めてもらいたかったけど、久々に試合後の勝利のでんぐり返しを観れて良かったです!
昨年とは陣容も変わっているので、しばらく手探りすることになると思いますが、「1年で必ずJ1復帰」できるチーム状態に仕上げてもらいたいです!


写真上:ジェフに帰ってきた佐藤勇人選手

写真下:MVPを獲得した岡本選手
posted by 蜜柑星人 at 03:27 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

初出場で快挙!

DVC00170.jpgDVC00211.jpg

一昨日は、国立で高校サッカー選手権大会の決勝戦が行われ、今年も現地で観てきました。

今大会は、強豪校が早いうちに敗れる波乱が相次ぎました。
そして、頂上決戦まで勝ち上がってきたのは、


山梨学院大付属(山梨)ー青森山田(青森)


ともに初優勝を掛けての頂上決戦は、最後まで白熱した展開になりました。
決勝戦のキックオフ前には、山梨学院大付属の応援スタンドからウェーブが始まり、ウェーブが2周したところでキックオフ。



開始早々から速い仕掛けで攻める山梨学院大付属は、前半11分にノーマークだったキャプテンの碓井選手の右足が炸裂して、先制ゴールを奪います。


一方、先制された青森山田もMFの椎名、柴崎両選手を軸にした速いパスワークから、FWの野間選手にボールを集めますが、山梨学院大付属のGK松田選手、DF中田選手が堅守で青森山田の反撃を断ち切ります。


山梨学院大付属は先制した後も、持ち味のスピードを活かした攻撃で、ツートップの伊東、佐野両選手、MFの碓井、鈴木両選手が果敢に追加点を狙いますが、青森山田もGK櫛引選手が好セーブを連発。


序盤に山梨学院大付属が先制した後は、速いカウンターの応酬が続いて、互いに一歩も譲ることなく試合が進みます。
後半のロスタイムも4分あって、試合終了のホイッスルが鳴るまで勝負の行方が全くわからない白熱した展開でしたが、先に1点を奪った山梨学院大付属が青森山田の反撃を凌いで、選手権初出場で初優勝という快挙を成し遂げました!


準優勝の青森山田は、U-17日本代表の柴崎選手を擁して13年連続で選手権に出場。
しかし、8月にキャプテンの椎名選手が左膝靭帯断裂による戦線離脱。それでも、全治8ヶ月の重傷も懸命なリハビリにより4ヶ月で回復。選手権では痛みをこらえて走り続けている椎名選手のプレーを観て、一生に一度の高校サッカーに対する意気込みがすごく伝わってきました。
青森に優勝旗を持って帰ることはできなかったけど、下級生が椎名選手の不屈の精神力を受け継ぎ、今大会の経験を糧にして、また選手権の舞台に帰ってくることでしょう。


優勝した山梨学院大付属は、スピーディーな攻撃サッカーが印象強いけど、2回戦以降最後まで無失点で勝ち上がってきた堅守も、今大会の勝因に挙げられると思います。
決勝戦では、今大会サイドバッグを任されていた井上選手が無念の負傷退場も、全員がカバーして一丸となって青森山田と張り合っていました。特に、優勝が決まった時にピッチ上で倒れ込む選手に抱き合う選手達の姿は、最後まで走り抜いた達成感が伝わってきて、すごく感動しました!


「山梨学院大付属のサッカー部の皆様をはじめ、関係者の皆様、初優勝おめでとうございます!」


今大会は優勝候補が次々と敗れる中、準々決勝の時点でフレッシュな顔触れでしたが、逆にどこが勝ち上がるか全くわからなくて、観に行けなかった準々決勝も結果を追うだけでも楽しめたし、今年も高校サッカー選手権大会を楽しく観させて頂きました!沢山の感動をありがとうございました!
来年の選手権開催も楽しみにしています!


写真上:碓井選手(山梨学院大付属)

写真下:手前から柴崎選手、成田選手(青森山田)
posted by 蜜柑星人 at 19:14 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

終了間際の全員攻撃。

DVC00106.jpgDVC00118.jpg

[関西大第一(大阪)VS青森山田(青森)]
初の4強入りを果たした関西大第一と、15回目の出場で初の決勝進出を狙う青森山田との対戦。


青森山田は、前半から速いサイド攻撃などでチャンスを伺います。また、関西大第一のセットプレーから、絶好のチャンスで久保綾祐選手が放ったシュートを、青森山田のGK櫛引選手が好セーブ。


再び青森山田は、サイドから仕掛ける成田選手が足を引っ掛けられて、PKのチャンスを得ると、FW野間選手が決めて先制。
さらに前半39分、中盤でパスカットしたMF椎名選手が、ペナルティエリア外からのロングシュートが決まり、前半2ー0青森山田のリードで折り返し。


後半に入り残り時間が迫ると、関西大第一は自軍の陣地からのフリーキックはGKの樫根選手が蹴り、あとの10人は全員攻撃に参加。
すると、試合終了間際にFWの久保綾祐選手が、ペナルティエリア内の混戦の中で左足のシュートが炸裂。続いてロスタイム、こぼれ球に反応していた途中出場のFW井村選手がダイレクトでシュートを放つと、土壇場で同点。


勝負の行方はPK戦へもつれ込みます。この試合のPK戦は、青森山田のGK櫛引選手が3本のPKを好セーブ!苦しみながらも青森山田が初の決勝進出を決めた試合でした。


青森山田は15回目の出場でついに決勝の舞台へ。
柴崎、椎名両選手を軸として、さらにサイドから仕掛ける速い攻撃が、2回戦から無失点の山梨学院大付属の牙城を崩せるかどうかが見所になると思います。


スポーツをするにあたって、どのチームもキャッチフレーズがあると思いますが、関西大第一は「月まで走れ!」というキャッチフレーズを掲げて、最後まで運動量が豊富なサッカーで勝ち上がってきました。
今大会を経験している1、2年生が何人か残り、また来年の選手権の舞台で「月まで走れ!一高サッカー部」の横断幕を掲げてくれることでしょう。


写真上:2点目のゴールを挙げたキャプテン椎名選手(青森山田)

写真下:最後まで粘り強いサッカーを魅せてくれた関西大第一イレブン
posted by 蜜柑星人 at 09:14 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4戦0封。

DVC00095.jpgDVC00156.jpg

今年の高校サッカー選手権では、強豪校が次々と敗れる波乱が続きました。そんな中、激戦を勝ち抜いてきた4チームが国立の舞台に登場。
準決勝の対戦カードは以下の通りです。

[1]矢板中央(栃木)VS山梨学院大付属(山梨)

[2]関西大第一(大阪)VS青森山田(青森)


[矢板中央(栃木)VS山梨学院大付属(山梨)]
勝てばともに初の決勝進出が掛かったこのカード、最初の30分はお互いに厳しいプレスから抜け出せず、先制チャンスをモノにできない。その中でも、矢板中央のGK三浦選手をはじめディフェンス陣が、山梨学院大付属の速い攻撃にしっかり対応。
しかし前半34分、右サイドから山梨学院大付属のキャプテン・碓井選手が放ったシュートがこぼれ球となり、反応したMF鈴木選手がシュートを放つと、矢板中央のGK三浦選手の股間を抜いて先制ゴール。


1点ビハインドで折り返した矢板中央は、後半に何度かセットプレーなどチャンスを作り、DFでキャプテンの須藤選手、FWの堀越選手が頭で合わせますが、2回戦から無失点の山梨学院大付属ゴールを割ることができません。


終盤に入ると、山梨学院大付属のFW伊東選手、MF碓井選手らが速い攻撃を仕掛けて、後半40分には碓井選手が右サイドから追加点となる効果的なゴールを決めて2ー0。最後まで反撃を続ける矢板中央を振り切り、4戦0封で勝利した山梨学院大付属が初の決勝進出を決めました。


山梨学院大付属は、攻撃陣のスピーディーなサッカーが印象強いのですが、守備も2回戦から無失点と攻守共に安定していると思います。
頂上決戦でも山梨学院大付属のサッカーを存分に魅せてもらいたいです!

矢板中央は、今回のベンチ入りメンバーの半分以上が2年生のチームです。残ったメンバーは、もう1回選手権に出られるチャンスがあるだけに、国立での経験をバネにしてまた来年帰ってきてもらいたいです!


写真上:決勝進出を決めてガッツポーズするGK松田選手(山梨学院大付属)

写真下:初のベスト4進出で健闘した矢板中央イレブン
posted by 蜜柑星人 at 09:05 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

注目の2年生プレイヤー。

DVC00016.jpg

※まずは昨日の市原臨海の試合の続きから…

[青森山田(青森)VS高知(高知)]
U-17W杯日本代表の2年生MF柴崎選手を擁する青森山田は、今大会1回戦はPK戦、2回戦は1点差と接戦を制して勝ち上がってきた高知と対戦。


この試合、先に青森山田が先制チャンスを作り、ピッチ中央でボールを受けた2年生MF柴崎選手のスルーパスが、2年生FW成田選手に通って先制ゴールを叩き込みます。

高知も前半28分に左サイドからのクロスを、オーバーラップしていたキャプテンの野村選手が押し込んで同点ゴール。


サイドから仕掛けていく両チームの攻撃ですが、前半終了間際に青森山田は、今大会注目の2年生MF柴崎選手が、左サイドからFW野間選手のクロスボールを体張って押し込み、青森山田が再びリードで折り返し。


後半は、青森山田のツートップ・野間、成田両選手が果敢にシュートを放ちますが、高知のGK田中選手が好セーブ連発。反撃に出る高知に対して、青森山田は堅守でシュートチャンスを作らせず、1点差を守り切ってベスト8進出。


青森山田のMF柴崎選手は、注目選手として挙がっている2年生の選手ですが、既に複数のJクラブでは、水面下で争奪戦が繰り広げられているとか…。
U-17W杯日本代表に選ばれる前にも、中学時代から高い評価を得ているみたいで、今大会に限らず今後も注目を集めることでしょう。


1/5(火)は、駒場スタジアム、市原臨海で準々決勝が開催されます。
国立の切符を懸けた準々決勝はナマで観られませんが、明日の結果も非常に楽しみです!

□駒場スタジアム
[1]広島観音(広島)VS矢板中央(栃木)

[2]ルーテル学院(熊本)VS山梨学院大付(山梨)


□市原臨海
[1]関西大第一(大阪)VS藤枝明誠(静岡)

[2]青森山田(青森)VS神村学園(鹿児島)


写真:ベスト8進出を決めた青森山田イレブン
posted by 蜜柑星人 at 22:21 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

府大会ノーシードから快進撃。

DVC00093.jpg

高校サッカー2回戦では、強豪校が次々と敗れる波乱がありました。今日は各地で3回戦が行われて、昨日に引き続き市原臨海まで行ってきました。


市原臨海での対戦カード2試合です。
[1]関西大第一(大阪)VS八千代(千葉)
[2]青森山田(青森)VS高知(高知)


[関西大第一(大阪)VS八千代(千葉)]
大阪府大会ではノーシードから勝ち上がり、今大会2回戦で鹿島(茨城)にPK勝ちして選手権初勝利で勢いに乗る関西大第一は、前半からFW久保綾祐選手のチャンスメイクなどで、速い攻撃を仕掛けます。
八千代は小刻みに繋いでいくところを、関西大第一の厳しいプレスで崩されてチャンスが作れない苦しい展開。


前半からラインを上げて、積極果敢な関西大第一は、前半17分に2年生MF濱野選手が、ペナルティーエリア外から豪快なロングシュートを放ち、関西大第一が先取点。

しかし、八千代も少ないチャンスからFWの石川選手に繋いで、前半27分に石川選手が同点ゴールを決めて、1ー1で折り返し。



関西大第一は、後半に入っても走り負けせず、どんどん速い仕掛けで八千代ゴールに襲い掛かりますが、八千代のGK永村選手が粘り強く好セーブ。
永村選手の好セーブに応えたい八千代イレブンでしたが…。後半32分に関西大第一は、左サイドからのロングスローを受けた2年生MFの梅鉢選手が左足で放ったシュートが決まり、2ー1と関西大第一が終盤に勝ち越し。
残り時間に懸けた八千代の反撃も及ばず、この試合は関西大第一が1点差で勝利しました。


関西大第一のサッカーを観て、ディフェンスラインも序盤から前がかりでしたが、攻守共にスピーディーで積極果敢なプレーをする印象を受けました。
八千代は個人的に注目してきましたが、関西大第一からシュートチャンスが作れず苦しい展開。GK永村選手をはじめディフェンス陣がよく踏ん張っていたけど、関西大第一が最後までよく走っていました。
戦国千葉を代表する八千代イレブン、雪辱をバネにまた選手権の舞台に帰ってきてもらいたいです!


写真:決勝ゴールを決めた梅鉢選手(関西大第一)
posted by 蜜柑星人 at 23:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1点勝負!

CIMG1086.jpg

今日の高校サッカーは、各地で2回戦が開催されまして、自分は市原臨海で八千代VS旭川実の試合を観てきました。
共に無失点で勝ち上がってきて、最後までハラハラする1点を争う好ゲームになりました。


旭川実は、前半から速い仕掛けでチャンスを伺うと、ゴール前のこぼれ球を旭川実の2年生MF阿部選手が頭で押し込んで先制。
しかし、八千代も旭川実の堅守から突破を図りますが、なかなかゴールが奪えない。厳しいプレスに遭いながらも前半39分にゴール前の混戦で八千代の2年生FW大和久選手のシュートが決まり同点。


後半も両チームの堅守により、緊迫した展開が続く中、八千代は後半24分に途中出場のFW磯部選手が勝ち越しゴール!

旭川実も最後までスピードを活かした攻撃で果敢に八千代陣内を攻めてきて、2分間のロスタイムにはコーナーからのセットプレーで、弾いたボールを受けた旭川実が絶好の得点チャンス。ヒヤヒヤした場面でしたが、八千代のディフェンスが凌いだところで試合終了のホイッスル。

最後まで緊迫した試合でしたが、2ー1で八千代が勝利して3回戦進出を決めました!
3回戦進出を決めた八千代は、市原臨海で関西大第一(大阪)と対戦します。


他会場では、優勝候補に挙がっていた前橋育英(群馬)、高校サッカー界の名門・国見(長崎)が敗れる波乱があれば、神村学園(鹿児島)が中京大中京(愛知)から10得点叩き出す大記録が飛び出すなど、いろいろあった2回戦でした。

今日も市原臨海で八千代の試合観てきます!


写真:八千代のキャプテン・長澤選手
posted by 蜜柑星人 at 11:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

勝手に名付けて「南北ダービー」。

CIMG0882.jpg

[旭川実(北海道)VS南風原(沖縄)]

ともに選手権初勝利を狙うチーム同士の対戦。北海道代表と沖縄代表が鉢合わせするのもなかなかないし、勝手に「南北ダービー」と名付けさせて頂きます。

試合の方は、前半から旭川実が攻守にわたって精度高いプレーで展開すると、前半4分に1年生FW下田選手が先制ゴール、続く前半8分には2年生MF阿部選手が追加点のゴールで2ー0の旭川実がリード。


反撃を仕掛けたい沖縄代表の南風原は、サイドからの攻撃も旭川実の堅い守りを崩せず厳しい状況。
出だしから主導権を握る旭川実は、下田選手がこの日2点目のゴール、後半にも途中出場の須田選手もゴールを奪い、最後まで運動量豊富な旭川実が4−0で快勝。


今日の旭川実は、攻撃陣が機能している印象ありますが、ディフェンス陣も相手にシュートチャンスを作らせなかった点も勝因に挙げられると思います。


今日フクアリ開催で勝利した八千代と旭川実が、2回戦1/2(土)に市原臨海で対戦します。自分も1/2(土)は、市原臨海に足を運ぶ予定です。


写真:2年生MFの阿部選手(旭川実)
posted by 蜜柑星人 at 23:07 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰ってきた千葉のオレンジ軍団。

CIMG0876.jpg

昨日から開幕した高校サッカーは、フクアリでは初開催。
ジェフのホームグランドでもあるフクアリでは、

[1]八千代(千葉)VS中津工・中津東(大分)
[2]旭川実(北海道)VS南風原(沖縄)

2試合が開催されました。


[八千代(千葉)VS中津工・中津東(大分)]
八千代は激戦千葉を制して、3年ぶりに選手権出場を果たしました。3年前は、ジェフの米倉選手、ジュビロの山崎選手を擁してベスト4進出。個人的にはその年の八千代の快進撃が、高校サッカーにハマるきっかけでもあるので、今大会の戦いぶりも注目です。


試合の方は、出だしに中津工・中津東の速いパス回しで八千代は押され気味な感じしていたのですが、前半4分に右サイドからのカウンターを仕掛けて、FW石川選手が先制ゴール。
その後もやや押され気味になりながらも、前半18分にはWボランチの1人・黒氏選手が2点目のゴールを決めて、前半2ー0で八千代がリード。

後半に入っても運動量の衰えない八千代は、FW大和久選手のゴールで3点目。先制ゴールを奪ったFWの石川選手は、後半だけでさらに2ゴールでハットトリック達成!
3年ぶりの選手権出場を果たした八千代が5ー0で快勝スタートした試合でした。


八千代は個人プレーがちょっと目立つ感じでしたが、要所で前線に繋いで勝負強さを発揮していました。
接戦の時も勝負強さを発揮できると、上位進出も十分狙えると思うので、この後の戦いにも注目です!

写真:ハットトリックを達成した石川選手(八千代)
posted by 蜜柑星人 at 23:06 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

第88回全国高校サッカー選手権大会開幕!

CIMG0691.jpgCIMG0721.jpg

今日から高校サッカーが開幕しました。現地は寒いけど、4年ぐらい前から開催の度に現地まで駆け付けているので、今大会もできる限り現地に駆け付けたいと思います。


開幕戦は国立で開会式直後に行われまして、帝京(東京B)VSルーテル学院(熊本)の試合を観てきました。


高校サッカーの名門・帝京と選手権初勝利を狙うルーテル学院の試合は、中盤の競り合いが続きます。
ルーテル学院は、速いパスサッカーで帝京に揺さぶりを掛けていくと、前半32分に帝京のペナルティーエリア前で、トラップミスのボールをルーテル学院のFW小牧選手が自らシュートを決めて先制。


ルーテル学院の1点リードで折り返すと、帝京が中盤から上げた縦のロングボールを、ゴール前に走り込んできた帝京の稲垣選手が頭で合わせて同点ゴール。
帝京はここで流れを掴みたいところですが、ルーテル学院は速い攻守の切替、速いパスワークで帝京陣内に攻めると、ルーテル学院のキャプテン山本選手が、帝京のディフェンスのスキを突いてロングシュートを2本決めて勝負あり。
ルーテル学院が攻守共に堅実なサッカーを展開して、3ー1で帝京から選手権初勝利を手にした試合でした。


ルーテル学院のサッカーは初めて観ましたが、攻守の切替が速くてスピーディーな印象を受けました。また、県大会では6試合無失点で勝ち上がっているチームなので、1点勝負の試合でも存分に力を発揮できると思います。


今日から始まった高校サッカー、88回大会はどこが頂点に登るのか…今大会も楽しませて頂きます!


写真上:同点ゴールで喜ぶ帝京イレブン

写真下:貴重な2ゴールを決めた山本選手(ルーテル学院)
posted by 蜜柑星人 at 17:33 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

J1絶対復帰するぞ!

DVC00005.jpgDVC00003.jpg

昨日はフクアリで開催されたジェフのホームゲーム最終戦に参戦しました。
ジェフは既にJ2降格が決まってしまい、天皇杯にも敗れてしまいましたが、最後のホームゲームは大分から何が何でも勝ち点3をもぎ取りたい。

また、ジェフを支えてきた斎藤選手が今季限りの引退表明されて、引退試合となる今日はDFでスタメン出場しました。



試合の方は、中盤まで攻撃の形を作りながらも、大分の鉄壁なディフェンスラインを突破できないし、突破してもシュートチャンスを活かせない…。
逆に前半16分、中盤からサイドにロングボールで突破を図る大分の攻撃陣を、ジェフのディフェンス陣が阻止できず先制点を許してしまいます。

1点先制されながらも、FWのバイアーノ、新井両選手が果敢に大分陣内を攻めますが、決定力に欠けてしまって前半は0ー1。


後半に入ると、またしても中盤からカウンター仕掛けられて重い2失点目を献上…。ジェフも後半途中から深井、金沢両選手を起用して反撃に出ますが、最後まで大分の堅守を崩せず0−2の完封負け…。


ことごとく白星に恵まれず、観ている側としてもすごく悔しいし、1年でJ1復帰を目指すジェフをJ2でも応援していきます!
J2降格により主力選手の去就も気になりますが、ジェフをJ1復帰させる為に、来季もジェフでプレーしたい選手が1人でも多く残留することを願う次第です!


昨日は、斎藤選手のラストゲームを、白星で飾れなくてすごく残念ですが、引退セレモニーと場内一周している時の斎藤選手は最後まで笑顔でした!
今後は指導者としてチームに残ることが決まっているので、持ち前の明るさでジェフを盛り上げて欲しいです!


「斎藤選手、13年間の現役生活お疲れ様でした。指導者としても頑張って下さい!」


写真上:斎藤選手(左)、工藤選手(右)
写真下:フクアリのピッチを後にする斎藤選手
posted by 蜜柑星人 at 20:03 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。