記事検索
 
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年02月01日

あの激闘は忘れない〜国立最蹴章〜。

CIMG8463.JPGCIMG7760.JPG
もう先月の話になるんですが、1/13(祝)まで開催された第92回高校サッカーの激闘が忘れられなくて、時々YouTubeで振り返ったりしています。未だ余韻に浸ることがありまして、久々に日記アップさせて頂きます。
m(__)m


国立で毎年開催される決勝戦は、2008年から7年連続で現地観戦してきましたが、今大会は改修前最後の国立開催だっただけに、例年以上の盛り上がりでした。


富山第一ー星稜(石川)


決勝戦では初顔合わせとなる北陸勢同士の対戦。
この試合、前半34分に星稜がPKのチャンスでキャプテン・寺村選手が先制ゴール。さらに後半25分には2年生FW森山選手が頭で合わせて追加点。

2ー0で今大会無失点の堅守で勝ち上がってきた星稜が逃げ切るかと思ったら、反撃を続ける富山第一が後半42分に途中出場のFW高浪選手のゴールで1点返すと、後半アディショナルタイムに今度は富山第一がPKのチャンス。
PKを止めれば星稜の優勝、PKが決まれば延長に突入…。ここで富山第一のキャプテン・大塚選手が土壇場で同点ゴール。


2ー2で延長戦に突入して、延長後半9分にここで富山第一のDF城山選手のロングスローから、途中出場のFW村井選手が左足で放ったシュートが星稜ゴールに突き刺さり、ついに富山第一が勝ち越し!
最後は富山第一がこのまま逃げ切り、土壇場の大逆転で初優勝!



この日はホントに凄い試合を観させて頂きましたよ…。
星稜の鉄壁なディフェンス陣に、富山第一はことごとく反撃を阻まれていたけど、最後の最後で今大会無失点の牙城を崩して逆転優勝。国立最蹴章に相応しいゲームで、現地で観られたことはいつまでも忘れません!感動をありがとうございます!


高校サッカーの国立の舞台では、毎年素晴らしい試合を観させて頂きましたが、国立の改修工事により次回大会は埼玉スタジアム2002ですか…。スタジアムとしては見易いんだけど、交通アクセスがもうちょっと良くなれいいんだけど、どうなることやら…。
そんなわけで、次回大会に関して今はちょっと拍子抜けなところもありますが、これからも選手権を目指して頑張る選手達を応援していきます。

あとは、改修工事が終わったら再び国立開催になることを待ち望みます。



写真1:バックスタンドから国立のピッチ

写真2:初優勝した富山第一イレブン
posted by 蜜柑星人 at 14:43 | 東京 ☀ | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。