記事検索
 
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年12月29日

マリーンズの2013年シーズン回顧、そして2014年…。

CIMG0153.JPGCIMG7103.JPGCIMG6422.JPG
気が付いたら日記(=blog)2ヶ月放置…と言うよりも、ゆっくり時間掛けて綴ってるほど余裕ないかな〜。
そんなこんなで2013年もあと僅か…。
じゃ、久々の日記はマリーンズの2013年シーズンを振り返ります。

>>>>>
2013年のマリーンズは、大した補強もなくシーズン開幕迎えました。
でも、開幕2試合連続でさようなら勝ちしたり、何とか接戦をモノにして上位を走っていました。
終盤は勝ち試合を落としたり、惨敗したりで3位でレギュラーシーズン終了。
CS(=クライマックスシリーズ)では、西武に勝って仙台に乗り込みましたが、強い楽天の前にCSファイナルで終戦。
それでも解説者や野球評論家の下馬評を覆して、CSまで勝ち残れたことは収穫だったかと思います。


投手陣では、活躍した投手が何人か挙がりますが、特定するのは難しいです。
支配下登録されて先発ローテーションに入った西野投手、先発転向が成功した古谷投手がそれぞれ9勝挙げる活躍。
西野投手は来季から背番号「29」に変更。今季限りでマリーンズの投手陣を長年支えてきた薮田、小野両投手の引退、渡辺俊介投手のメジャー挑戦で投手陣は若返りますが、若手投手達が偉大なる先輩方のように飛躍して貰いたいです。

中継ぎ、抑えでは今まで一軍定着できなかった左の服部投手の中継ぎ定着。1年目から先発、中継ぎ両方こなした松永投手、33セーブを挙げて最優秀救援を受賞したクローザーの益田投手は侍ジャパンにも選出。
先発投手が長いイニング投げられず、リリーフ陣の負担も大きかったかと思いますが、終わってみればリリーフ陣の頑張りがあったから3位に残れたことと思います。


野手では、ショートの鈴木選手が144試合出場して2年目で遊撃手部門のベストナイン初受賞。来季は背番号「7」に変更されるので、「7=大地」になるような活躍を期待したいです。
攻撃に関して欲を言ってしまいますが 、他球団の得点能力の高さをもう少し見習うなりして、攻撃力アップにも力を注いでほしいですね。


とにかく鴨川秋季キャンプではかなりしごかれていた話も聞いていますし、ハマれば即戦力クラスの新人選手達が入るので、来季はチーム全体の底上げして、チーム力アップに期待します!

>>>>>
今季に関しては、個人的に野球以外の要らん事でマリン通いしている仲間内だけでなく、いろんな方々にご心配、ご迷惑お掛けしましたが、何とか立ち直ることができました。
ホントにいつもありがとうございます!
m(__)m

個人的には今季の事があるし、外野席の仲間内にはお世話になりまくっているだけに、特に来季のマリンのライトスタンドは土日祝日の勝手が変わっていくだけに、ちょっとでもできる事あれば手助けしたいですね。

そんなわけで、来季もマリンで元気な姿で再会できる日を楽しみにしています!
2013年シーズンありがとうございました。
2014年シーズンも宜しくお願い致します。
m(__)m


写真1:小野投手(左)、薮田投手(右)は今季限りで現役引退。現役生活お疲れ様でした。
m(__)m
(※131006vsオリックス、試合後引退セレモニー)

写真2:鈴木選手(左)、西野投手(右)
(※130623vs日ハム)

写真3:2014年新入団選手
(前列左から)二木投手、吉原投手、井上選手、肘井選手
(後列左から)吉田選手、石川投手、三木選手
(※131203新入団選手発表会)
posted by 蜜柑星人 at 18:30 | 東京 ☀ | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。