記事検索
 
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2012年10月14日

善戦しても報われず…。

今日は秋の杉並大会2回戦でした。
相手が昨年初めて参戦して四部で優勝して三部に昇格したチームとの対戦だったので、厳しい試合になる覚悟で臨みました。


相手チームのピッチャーは、直球主体でビシビシ投げてくるものの、コントロールが乱れ気味のところで得点チャンスを伺いますが、なかなか得点まで至らず…。一方、守備ではどこからでも長打が出そうな相手チームに対して、要所で良いプレーも出て全員でピンチを凌ぎます。


中盤まで0ー0。5回表に無死一、二塁のチャンスを迎えて、1番が送りバントを決めると、先制チャンスの場面でこの日2番に入った自分に打席が回ります。
一死二、三塁。自分が死んでも後ろに良いバッターが続くので、御膳立てして貰ったからにはとにかく食らい付くことだけ考えて打席に入りました。簡単に追い込まれてしまいましたが、インコースの直球に詰まりながらも、前進守備のセカンド後方に落ちるポテンヒットで均衡破ると、4番もセンターにタイムリーヒットで2ー0。


2ー0で迎えた6回には大会規程により最終回の宣告がされて、逃げ切れば3回戦進出が決まるところでしたが、相手チームの4番バッターの二塁打から二死二、三塁のピンチを迎えます。あと1つで勝利のところでしたが、二塁ベース後方にポテンヒットされて、二者生還して勝利目前で2ー2の同点にされてしまいます…。

勝敗の行方は大会規程によるポジション毎でのジャンケンに委ねられますが、9人中8人負けて終戦…。
チーム全員で束になって善戦しても、最後の最後で報われなかったことがホント悔しい…。
(>_<)(>_<)(>_<)(>_<)(>_<)(>_<)(>_<)


今日の試合、始まる前は強い相手だから思うように野球やらせてくれないかも…。そう開き直っていましたが、実際にやってみてまだまだ張り合えるのかな。
特に、杉並区は強いチームが多くて楽な試合なんかないのは承知しているし、来季も僅かでも可能性があれば挑戦続けていきたいです。
posted by 蜜柑星人 at 23:20 | 東京 ☁ | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。