記事検索
 
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2012年01月04日

攻守で勝負強さ発揮。

CIMG9715.JPGCIMG9719.JPG
高校サッカー選手権は、4会場で3回戦が行われ、2回戦に引き続き3回戦も市原臨海で観戦しました。


[1]四日市中央工(三重)ー立命館宇治(京都)

[2]清水商(静岡)ー市立船橋(千葉)


[四日市中央工(三重)ー立命館宇治(京都)]
前半は、四日市中央工が2回戦同様の速いパスワークで仕掛けて、一方の立命館宇治は前半押され気味な状況から少ないチャンスを作りますが、両チームともGKを中心に堅守で互いに譲らない展開。


均衡破れたのは後半5分、混戦のペナルティエリア内でボールを受けた立命館宇治のFW谷口選手が先制ゴール。
1点リードされた四日市中央工は、立命館宇治のDF陣を崩せず、終盤まで立命館宇治が堅守のサッカーを展開しますが、後半終了間際に四日市中央工は、コーナーキックからボールを受けたFW浅野選手が押し込んで、土壇場で四日市中央工が1ー1の同点に追い付きます。


1ー1のまま大会規定のPK戦に入り、両チームとも2人目まで決まり、四日市中央工は3、4人目まで決めると、1年GK中村選手が3、4人目をナイスセーブして、四日市中央工が準々決勝進出。


四日市中央工の試合を2日連続で観ていたんですが、後半入ってからも運動量が落ちることなく、最後までスピーディーな試合運びをしていました。
次の準々決勝に勝利すると、4強入りは20年ぶりのようです。
2回戦は逆転勝ち、3回戦は土壇場で同点からPKで勝利、勝負強い四日市中央工の躍進はどこまで続くかも注目しています。

写真1:PK戦で好セーブを魅せた1年生GK中村選手(四日市中央工)
写真2:立命館宇治イレブン
posted by 蜜柑星人 at 12:34 | 東京 ☀ | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。