記事検索
 
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2011年01月10日

近畿勢同士の頂上決戦。

DVC00029.jpgDVC00002.jpg

今日で高校サッカーも決勝戦。今回も国立まで足を運んで、頂上決戦を観てきました。



久御山(京都)vs滝川第二(兵庫)



強豪校との激戦を制して、決勝戦の舞台まで勝ち上がってきた近畿勢同士の対戦。初優勝を懸けて最後の最後まで勝負の行方が分からない、決勝戦に相応しい展開になりました。



まずは前半、久御山はMF足立、林両選手からFW陣へ繋ぎ、滝川第二はFW白岩、MF濱田両選手がサイドを使い、互いにシュートチャンスを伺います。


先制したのは滝川第二、前半24分に樋口選手のクロスボールを本城選手が頭で落とすと、ボールを受けたFW浜口選手が先制ゴール。


久御山は1点リードされた後も足立選手を起点に攻め続けますが、滝川第二のDF土師選手を中心に堅守で凌ぎ、前半40分にはMF濱田選手からMF本城選手に繋いで、最後はFW樋口選手が決めて2ー0。滝川第二の2点リードで前半折り返し。



後半も滝川第二が果敢に攻めて、後半9分にMF濱田選手からのハイボールがこぼれ球になって、MF本城選手が押し込んで3点目。
反撃を仕掛けたい久御山は、FW坂本選手のシュートのこぼれ球に1年生MF林選手が反応して、1点取り返します。
後半に入っても攻撃陣が機能する滝川第二は、MF香川選手から縦パスを受けたFW浜口選手が、久御山のGK絹傘選手と1対1となり、ループシュートを決めて4ー1。


3点ビハインドで迎えた久御山は、ゴール前の混戦でFW坂本選手のドリブルからショートパスを受けたFW安川選手が1点取り返して2ー4。
さらにその直後、小刻みなパスワークからボールを受けたFW坂本選手がゴールを決めて1点差に詰め寄ります。



ロスタイムは5分。スコアは4ー3で滝川第二が僅か1点リード。
久御山が追い付くか…。
滝川第二が突き放すか…。



最後の最後で激しい展開となり、久御山はセットプレーからのチャンスを活かせず、最後は久御山のクリアボールを強引にカットした滝川第二のFW樋口選手が、今大会得点王ランキング単独トップとなるダメ押しゴール。
激しく得点を奪い合った今大会の決勝戦は、5ー3で滝川第二が選手権初優勝を飾りました!



決勝戦では、両軍ともに持ち味である攻撃力を存分に発揮して、激しく得点の奪い合いを繰り広げていました。
最後は滝川第二の攻撃力が本領発揮して、強く激しく攻めていく印象が強かったです。来年はどんなチームカラーになるかわかりませんが、次の選手権でも滝川第二の攻撃サッカーをまた観てみたいです。


「滝川第二高校のサッカー部の皆様をはじめ、関係者の皆様、初優勝おめでとうございます!」


そして試合後の表彰式が終わり、選手達が応援席まで挨拶に行くと、滝川第二の応援席前で滝川第二イレブンの中に、久御山イレブンまで入り乱れて盛り上がっていました。
決勝戦の後、両軍入り乱れて盛り上がる光景って今まで観たことなかったし、激戦を繰り広げた選手達の最後の姿にすごく感動しました。


今大会も準々決勝以外の6日間3会場で観てきまして、沢山の感動を味わってきました。
3年生は最後の大会になりますが、今年はJリーグ内定選手も多く、新たな進路先でさらなる飛躍に期待したいです。
毎日寒い中での開催で大変だったかと思いますが、ホントにお疲れ様でございました。


写真1:(左から)滝川第二の初優勝に貢献した浜口選手、樋口選手


写真2:試合後に滝川第二イレブンの中に、久御山イレブンも入り乱れて盛り上がっているところ
posted by 蜜柑星人 at 23:59 | 東京 ☀ | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。