記事検索
 
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2011年01月10日

9人PKで決着。

DVC00013.jpgDVC00011.jpg

[立正大淞南(島根)ー滝川第二(兵庫)]
島根代表で初のベスト4進出を果たした立正大淞南と、過去3度ベスト4進出が最高成績の滝川第二との対戦。


前半は、滝川第二が濱田選手、2年生MF恵選手が速いドリブル突破から、今大会2トップの樋口、浜口両選手にボールを供給も得点至らず。立正大淞南も前線にボール繋がらず、共に先制ゴール決まらず0ー0。


後半、立正大淞南が速いパスワークから滝川第二陣内に攻め込み、DF中村謙吾選手も攻撃参加。今大会得点ランキングトップの加藤選手に絶好のゴールチャンスがありましたが、惜しくもモノにできず…。
滝川第二も2トップの樋口、浜口両選手で7本のシュートをはじめ、計14本のシュートを放ちますが、立正大淞南の懸命なディフェンスに阻まれます。


90分でも決着付かずPK戦へ。今大会の準決勝は2試合ともPK戦に委ねられました。この試合のPK戦は、サドンデスに縺れて9人目まで蹴る接戦になりますが、滝川第二のGK下出選手が9人目のシュートを止めて、滝川第二が初の決勝戦進出を決めました。


立正大淞南は最後惜しかったけど、島根代表として初のベスト4進出で、攻撃サッカーを持ち味とする滝川第二をゼロに抑えた戦いぶりは見事でした。
高校サッカーも年々混戦になっているのは、各地のレベルアップも関係しているかと思います。


勝った滝川第二は、初の決勝戦進出。樋口、浜口両選手の2トップを中心に攻撃力の高いサッカーで、初の全国制覇なるかどうか注目です。それと、樋口選手の得点ランキングも注目されるでしょうね。


久御山(京都)vs滝川第二(兵庫)

ともに、攻撃サッカーを持ち味とするチーム同士の対戦。どちらが勝っても初優勝です。


なお、第89回高校サッカー決勝戦は、1/10(祝)14時05分キックオフです。


写真1:樋口選手(滝川第二)

写真2:立正大淞南3位の表彰式(左から福島選手、徳永選手、中村謙吾選手)
posted by 蜜柑星人 at 01:34 | 東京 ☀ | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。