記事検索
 
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2011年01月03日

起用に応えた2得点。

CIMG9617.jpgCIMG9587.jpg

昨日の高校サッカー2回戦が各会場で行われまして、フクアリで2試合観てきました。


[1]流経柏(千葉)vs明徳義塾(高知)


[2]前橋育英(群馬)vs室蘭大谷(北海道)


[流経柏(千葉)vs明徳義塾(高知)]
3年前の初優勝以来の選手権出場の流経柏は、5年ぶり4回目の選手権出場を果たした明徳義塾と対戦。


前半、流経柏はFW田宮選手を起点に左サイドから攻めていきますが、明徳義塾も速いプレスからMF城前選手、FW小松選手に繋いでチャンスを作ります。
明徳義塾はシュートチャンスまで持っていくものの、DF増田選手を中心にDF陣が対応して、前半は0ー0で折り返し。


後半に入ると流経柏ベンチが動き出して、MF吉田、FW宮本両選手が途中出場。ここで起用に応えて、後半25分に左サイドペナルティーエリア外からMF吉田選手が先制ゴール。続く後半27分には右サイドから切り込むFW宮本選手が2点目のゴール。


追い縋る明徳義塾も、最後までスピーディーなボール運びをしますが、流経柏の堅守が勝り2ー0で流経柏が3回戦進出。


流経柏は、この試合でDF中西選手の負傷退場してしまい、次戦以降は布陣の入れ替えせざるを得ない状況です。
あと、体調不良により途中出場だった吉田選手がスタメン復帰すれば、攻撃力に厚みが増すはず。
まずは3回戦で形が作れれば、上位進出も見えてくるでしょう。


写真1:途中出場して先制ゴールを決めた吉田選手(流経柏)

写真2:明徳義塾イレブン
posted by 蜜柑星人 at 11:32 | 東京 ☀ | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。