記事検索
 
<< 2010年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2010年01月31日

V・プレミアリーグ…100130川崎[2]。

CIMG2257.jpgCIMG2255.jpg

[NECvs東レ]
NECはホームとどろきで、昨年の優勝チーム東レとの対戦。

第1セット、序盤に有田、八幡両選手がスパイクを決めてリードも、東レは迫田選手のバックアタックなどで7連続得点でひっくり返すと、東レがそのまま第1セットを先取。

第2セット、NECはサーブレシーブが乱れるなど、出だしから5失点。NECのミスから流れを掴む東レは、第1セットから好調の迫田、和田両選手が勢いに乗って、第2セットも東レが連取。

第3セットに入ると、NECが反撃開始。フォフィーニャ選手が攻守で盛り立てると、秋山選手のサーブ、途中出場の内田選手のバックアタックで流れを引き寄せる。終盤もセンター線を担う杉山、内藤両選手のスピードで得点を重ねるNECが1セット取り返す。


第4セット、サーブレシーブ、サーブ共にミスが相次ぐNECに対して、東レは荒木選手の高さ、迫田選手のサービスエースでリードを広げる。
このまま東レが主導権握るかと思ったら、NECは秋山選手は連続サービスエースを決めて逆転。守備ではリベロ・井野選手が東レの強打を粘り強く拾い、攻撃陣ではフォフィーニャ選手のパワー、内藤、内田両選手のスピード、それぞれ持ち味を活かし、要所でブロックが決まりフルセットに持ち込みます。


第5セット、高田、迫田両選手のスパイクで先に東レがリードも、NECも内田選手が効果的なスパイクが決まり緊迫した攻防が続き、10ー10。ここで東レは、最後の最後に森選手を起用。その森選手が起用に応えて、スパイクを連続で決めて突き放した東レが激戦を制しました。


NECは、一方的にやられていたわけではないので、所々のミスが減れば上位と張り合えると思うし、後半戦で巻き返しを図りたいところです。
昨年の4強進出メンバーを軸に、セッターとアタッカー両方こなせる新人の松浦選手など若手選手も活躍しているので、多彩な攻撃バレーも見どころだと思います。


勝った東レは、エース木村選手が本来の調子が出ていない中、若手選手が頑張っています。中でも、背番号14の迫田選手のパワーは、とどろきアリーナで観ていた方なら印象に残っているかと思います。高い打点から繰り出す力強いスパイク、バックアタックは相手にとって驚異的。
バックアタックだけ見ても、この試合だけで9本決めているから、パワーだけでなく精度の高さも伺えます。
迫田選手のように、代表選手に負けじと活躍している選手がいると、今後の活躍にも注目したいところです。


写真上:秋山選手(NEC)

写真下:迫田選手(東レ)
posted by 蜜柑星人 at 21:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 排球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

V・プレミアリーグ…100130川崎[1]。

DVC00002.jpgDVC00001.jpg

先週に続き、土曜日のみとどろきアリーナでV・プレミアリーグ女子の試合観てきました。
とどろきアリーナで開催された2試合は、
[1]デンソーvsトヨタ車体
[2]NECvs東レ

NECのホームゲームということで、Vリーグ観戦でお世話になっている方に、NECのファンクラブ先行販売の時に特等席をキープして頂き、なんと弁当と選手のサイン入り生写真付きというサプライズに試合前からお腹いっぱい(笑)。
そんなわけで、頂いた弁当を平らげてから会場入りしました。


[デンソーvsトヨタ車体]
3位に付けて4強争いに絡むデンソーと、後半戦に向けて浮上のきっかけを掴みたいトヨタ車体の対戦。

第1セット、トヨタ車体はレナタ選手にボールを集めていきますが、一方のデンソーはシャイーヌ、矢野両選手の強打でリードを広げていきます。
トヨタ車体のレナタ選手が序盤から調子上げていましたが、効果的な攻撃が機能するデンソーが第1セットを先取。


第2セット、1セット先取するデンソーが、セッター熊谷選手の巧みなトスワークで、センター線を上手く使っていました。平行トスからセンターの矢野選手がスパイク決めたところは、ドンピシャリ。
トヨタ車体はキャプテン都築選手を途中で外すなどベンチに動きがあり、反撃を試みますが、このセットも主導権を握るデンソーが連取。


第3セット、攻撃の手を緩めないデンソーは、シャイーヌ、矢野両選手のパワー、鈴木選手のスピードを絡めつつ、センター井上選手が高さを活かしたブロックもいいように決まる。
攻守共に安定したバレーを展開するデンソーが、トヨタ車体にストレートで勝利した試合でした。


トヨタ車体は、昨年最後まで4強争いを繰り広げていただけに、後半戦で巻き返しを図りたいところ。もともとサーブの上手い選手が多いし、レナタ、都築両選手の調子が上がれば得点力はアップするはず。

勝ったデンソーの公式帳票を見ると、センター・井上選手がこの試合だけでブロック7本を決める活躍。試合後のインタビューでは、持ち味が活かせたことに手応えがあったことをコメントしていました。
失点も第2セットは13、第3セットは12。守備も安定しているので、後半戦も持続できれば4強入りをぐっと引き寄せることができるでしょう。


写真上:レナタ選手(トヨタ車体)

写真下:井上選手(デンソー)
posted by 蜜柑星人 at 20:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 排球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

1/30(土)、31(日)休日の予定。


1月ももう終わりに近づきますが、如何お過ごしでしょうか?
今週は東京勤務していた時の元上司から怒りの電話が掛かって来て、電話越しで30分も続いた説教が週の始まり。
やらかしたのは自分なので、何も言えるわけがありませんが、あまりにも説教が長いから、自分の業務しながら話を聞いて開き直り(爆)。それにしても、久々に長い説教食らったわぁ〜。
そんな感じで乗り切る自分、休日が近づくと気分上々!

そんなところで、長くなりましたが、休日の予定はどうなってますか??


30(土)
V・プレミアリーグ女子
[1]デンソーvsトヨタ車体
[2]NECvs東レ
14時〜
とどろきアリーナ
※明日はバレー観戦でご一緒させて頂いている方が、前売でキープして頂いた特等席で観戦です!


31(日)
床屋行こうかな??
※天気良く風が強くなければ、久々に藤代にある床屋までチャリ漕いでみようっと!
posted by 蜜柑星人 at 20:11 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 休日の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

V・プレミアリーグ…100123東京[2]。

DVC00004.jpgDVC00007.jpg

[JTvsデンソー]
昨年の入れ替え戦で残留を決めたJTですが、今季は無傷の10連勝中。デンソーも好調で4強争いに絡んでいます。JTの連勝は伸びるのか、もしくはデンソーがJTの連勝を止められるだろうか。

まず第1セットは、デンソーのシャイーヌ選手、JTのキム・ヨンギョン、山本両選手による打ち合いが序盤から続きましたが、JTはキャプテン・位田選手のスパイク、ブロックが効果的に決まり突き放す。
JTのキム・ヨンギョン選手は、高い打点から叩き込むスパイクは相手にとって驚異的。


第2セットも、キム・ヨンギョン選手を中心としたJTの攻撃が機能。さらに、石川、山本両選手の加入によりセンター線が厚みを増して、速い攻撃バレーを展開。
一方のデンソーは、セッター・熊谷選手から、シャイーヌ、矢野両選手のパワー、井上、鈴木両選手のスピードを活かした攻撃が機能せず、JTの高いブロックに阻まれる。
攻守にわたって勢いに乗るJTが第2セットも連取。


第3セットは、攻撃力だけでなくJTのリベロ・井上選手が好レシーブを連発。そこからセッター・竹下選手が揺さ振りを掛けて、攻撃陣の勢い止まりません。
粘り強く拾うバレーを得意とするデンソーですが、この試合は完全に砕かれてしまう…。
最後まで隙のないバレーを展開するJTが、好調デンソーを寄せ付けず開幕11連勝を決めた試合でした。


デンソーは、昨年とは主力メンバーが代わりましたが、ここまで4強争いをしています。JTには完膚なきまでにやられましたが、デンソーも年々チーム力は上がっているので、早いところ修正できるでしょう。


未だ無傷のJTですが、昨年スタメンで出場していた久保、坂下、西山由樹3選手を外して、山本、石川両選手の加入でセンター線強化。キム・ヨンギョン選手は申し分ない働きぶり。
2年目のリベロ・井上選手も動き良く、攻守共に昨年とは見違える印象を受けています。
このままJTが独走するのか、JTの勢いを止めて混戦に持ち込めるか。なかなか会場まで足を運べませんが、後半戦の戦いに注目です。

写真上:熊谷選手(デンソー)
写真下:左からキム・ヨンギョン選手、石川選手(JT)
posted by 蜜柑星人 at 13:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 排球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

V・プレミアリーグ…100123東京[1]。

DVC00006.jpgDVC00005.jpg

2ヶ月ぶりにバレーボール観戦をしましたが、開催場所の東京体育館に行くのを決めたのが1週間ぐらい前でした。
2レグに入ってきましたが、折り返し地点から激戦が繰り広げられるから、これからが各チーム勝負どころ。

今回は東京体育館で、
[1]NECvsパイオニア
[2]JTvsデンソー
2試合を観てきました。


[NECvsパイオニア]
今季はなかなか波に乗れない両チーム。後半戦に向けて巻き返しを図れるかどうか。

第1セット、NECはセッターで先発した松浦選手のトスワークが起点となり、杉山、内藤両選手のセンター線から速攻、有田、フォフィーニャ両選手のサイド攻撃が序盤から機能。
杉山選手のブロックからポイントを重ねてリードを広げると、終盤には秋山選手の連続ノータッチエースが決まり、第1セットはNECが先取。


第2セットは、パイオニアはミスが相次ぎながらも、栗原、佐々木両選手を中心に反撃。途中サーブミスなどで点差を詰め寄られたNECは、内藤選手のブロック、フォフィーニャ選手のスパイクが要所で決まり、このセットもNECが取ってセットカウント2ー0。


後がないパイオニアは、佐々木、成田両選手のスパイクがサイドから効果的に決まり、終盤はセンター線を担う高橋選手のサービスエース、香野選手のスパイクが次々と決まり、栗原選手のバックアタックも炸裂。中盤にポイントを重ねたパイオニアが1セット取り返す。


第4セット、12ポイントまでは競った争いが続きますが、NECは杉山選手の移動攻撃、内藤選手のキレのいいクイックが決まり、セットカウント3ー1でNECが連敗を3で止めました。


両チームともなかなか勝ち星が積み重ねられていませんが、混戦を繰り広げるにはこれからが奮起の時。
ミスによるポイントもいくつかありましたが、修正できれば善戦できるかと思うので、上位チームが相手でも健闘してもらいたいです!


写真上:栗原選手(パイオニア)
写真下:井野選手(NEC)
posted by 蜜柑星人 at 00:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 排球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

1/23(土)、24(日)休日の予定。

今週はちょっとだけ暖かい日があったけど、また寒い日に逆戻り。暫くは寒さに震える日が続くけど、元気に楽しくやっていきたいと思います。
では、休日の予定は??


23(土)
V・プレミアリーグ女子
[1]NECvsパイオニア
[2]デンソーvsJT
13時05分〜
東京体育館
※今季はバレーボール観戦の数が減っていて、2ヶ月ぶりの体育館通いです。


24(日)
柏のビッグカメラのイベントに、薮田、小野、川崎3投手が参加するので行ってみます。
posted by 蜜柑星人 at 11:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 休日の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

昼は走り込み、夜はお散歩。

100116_195054_ed.jpg

昨日はメッチャ天気良かったし、体がウズウズしていたので、利根川の河川敷グランドで走り込み。お蔭様で今朝から良い感じで筋肉痛。
少なくても週1回体動かしておけば、週1ペースで活動する草野球に合わせられるので、良い状態に持っていける気がします。


そこで、走り込みしてぐったりすることなく、昨夜はたまに立ち寄る松戸駅周辺をお散歩。通勤定期の圏内なので、有効活用ということで…(笑)。

まずは東口を出ると、昔はラーメン屋が1件しかなかった場所に2件ある!
で、ちょっと離れた場所に横浜家系のラーメン屋発見。ここで分かったことが、松戸駅東口だけで横浜家系のラーメン屋が2件ある!でも、駅前の方が立地条件良いわなぁ…。


せっかく松戸に来たから、たまには松戸のラーメン屋に寄ろうと思って、ラーメンの本にはよく掲載されている「兎に角」というラーメン屋で一杯頂きました。
麺の重量は、茹で上がる前が250g。茹で上がると1.7〜2倍の重量になるとの事で、太麺の上にボリュームあって、大盛り、特盛りはさらにボリュームあるでしょう。


「兎に角」でラーメン完食したら西口を散歩。西口には、気になるダーツバーを2件ほどチェック。その近くにあるラーメン二郎は、相変わらずの盛況ぶり。少し離れたところに、坦々麺の店、鰤ラーメンの店もオープンしていて気になるところです。


柏や我孫子だけでなく、松戸駅周辺がラーメン激戦区になっています。まだまだ開拓の余地ありますな。

写真:兎に角の燻玉ラーメン
posted by 蜜柑星人 at 14:34 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

1/16(土)、17(日)休日の予定。


正月休みは出ずっぱりで食べまくり、その後の3連休も出ずっぱりで食べまくり。いつも満足してお腹いっぱいになっていますが、野球シーズンも1ヶ月ちょっとしたら始まるので、徐々に準備しつつあります。
そんなわけで、休日の予定は??



珍しく両日ともにフリー。


そうなると、家にいるとダラダラして寝過ぎてしまうので、外に出てできる事をやるつもりでいます。

では、素敵な週末をお過ごし下さい!
posted by 蜜柑星人 at 12:27 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 休日の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

ふるさと祭り東京2010(食べ物編)。

CIMG1471.jpgCIMG1623.jpg

食べ物ネタ、もうちょっとだけ続けます。
m(__)m

今回のふるさと祭りでは、飲食店がいっぱい並んでいて、その中で滅多に食べれない美味しいものを2つアップします!


写真上のラーメンは、イカスミみたいな色していますが、これは和歌山の幸太郎というラーメン屋で販売されている「備長炭ラーメン」です。
この「備長炭ラーメン」には、ヘルシーチャコールという紀州備長炭を特殊処理した食用炭末が練り込まれていて、ヘルシー・健康を心掛けている方に人気を博しているようです。
見た目黒いからこってりしてるかと思ったら、あっさりしていて食べやすかったです!


写真下は、ふるさと祭りの情報収集でネットを探っていたら、行く前から味見するのをすごく楽しみにしていた愛媛の清光堂という和菓子屋から販売されている「まるごとみかん大福」です。
白くて丸い大福にみかんが入っている「まるごとみかん大福」は、いちご大福をヒントにして誕生。他にもブルーベリー、ぶどうもあるそうです。

ふるさと祭りの開催期間中に実演販売していましたが、早々と完売していたので、3個パックのものを我が家のお土産に買ってきました。
3個パックでも1000円以上したけど、柔らかい大福の生地に、みかんがすごくマッチしていて絶品です!



他にも美味しいもの(&美味しそうなもの)をmixiに写真を載せているので、特に食べることが好きな方には、是非見て頂きたいと思います。
ふるさと祭りは、お祭り好きな方、飲み食い好きな方には楽しめるイベントだと思うので、来年開催された時は是非とも足を運んでみて下さい!
posted by 蜜柑星人 at 20:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

ふるさと祭り東京2010(どんぶり選手権編)。

CIMG1506.jpgCIMG1505.jpg

ふるさと祭りでは、ご当地の美味しいものが会場内に沢山並んでいて、飲食市場になって賑わっていました。
お祭り以外にも、いくつか気に入った食べ物や企画がありました。

まずは「ご当地どんぶり選手権」から。この企画は、各地のどんぶりがふるさと祭りに集結。そこで1ケ400円のどんぶりを食べ比べてコインで投票します。
今回初めて足を運んで、いろんな物を味見したかったので、どんぶりは和歌山の鮪中トロカツ丼、ズワイ蟹のメスにあたる香箱蟹が乗った石川の能登丼の2種類のみ食べ比べ。
投票については、一番多かったどんぶりが白海老かき揚げ丼。いくら丼がSold outしていたから、ちょっと意外な感じでした。…で、食べ比べた和歌山の鮪中トロカツ丼と石川の能登丼は、どっちも美味しくて比べられませんでした!(笑)

写真上:和歌山の鮪中トロカツ丼

写真下:石川の能登丼
posted by 蜜柑星人 at 20:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふるさと祭り東京2010(お祭り編)。

CIMG1483.jpgCIMG1593.jpg

先日の3連休中に、「ふるさと祭り東京2010」が東京ドームで開催されて、前々から気になっていたイベントだったので、足を運んでみました。

イベント会場ではご当地のお祭りを観覧できたり、ご当地の美味しいものを飲食できるんですが、自分はどちらか言うと食べるのがメインでした(笑)。


でも、ご当地のお祭りも興味がありまして、この日はエイサー踊り、八戸三社大祭、秋田竿燈祭りを観てきました。

エイサー踊りは、大学時代に沖縄で観たことがあります。話によると、学校の体育の授業でも取り入れられているようで、小さい子供達の踊っている姿はすごく癒されます!


八戸三社大祭では、左右から大勢で巨大な山車を引いていく山車引きが行われて、「ドッコイショー、ドッコイショー」の掛け声と共に前進する山車は迫力あり!


最も印象に残ったのが秋田竿燈祭り。
ドデカイ竿燈が最初は横になっているけど、そこから立てて片手、肩、額、腰などに乗せていったんですが、参加されていた方々のパワーはハンパじゃない!
相当鍛えないと身につけられない演技ばかりで、ケタ外れのパワーに魅了されました!


ご当地のお祭りは、普段なかなか観られないので、良いものを観させて頂きました!


写真上:沖縄エイサー踊り

写真下:秋田竿燈祭り
posted by 蜜柑星人 at 20:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

初出場で快挙!

DVC00170.jpgDVC00211.jpg

一昨日は、国立で高校サッカー選手権大会の決勝戦が行われ、今年も現地で観てきました。

今大会は、強豪校が早いうちに敗れる波乱が相次ぎました。
そして、頂上決戦まで勝ち上がってきたのは、


山梨学院大付属(山梨)ー青森山田(青森)


ともに初優勝を掛けての頂上決戦は、最後まで白熱した展開になりました。
決勝戦のキックオフ前には、山梨学院大付属の応援スタンドからウェーブが始まり、ウェーブが2周したところでキックオフ。



開始早々から速い仕掛けで攻める山梨学院大付属は、前半11分にノーマークだったキャプテンの碓井選手の右足が炸裂して、先制ゴールを奪います。


一方、先制された青森山田もMFの椎名、柴崎両選手を軸にした速いパスワークから、FWの野間選手にボールを集めますが、山梨学院大付属のGK松田選手、DF中田選手が堅守で青森山田の反撃を断ち切ります。


山梨学院大付属は先制した後も、持ち味のスピードを活かした攻撃で、ツートップの伊東、佐野両選手、MFの碓井、鈴木両選手が果敢に追加点を狙いますが、青森山田もGK櫛引選手が好セーブを連発。


序盤に山梨学院大付属が先制した後は、速いカウンターの応酬が続いて、互いに一歩も譲ることなく試合が進みます。
後半のロスタイムも4分あって、試合終了のホイッスルが鳴るまで勝負の行方が全くわからない白熱した展開でしたが、先に1点を奪った山梨学院大付属が青森山田の反撃を凌いで、選手権初出場で初優勝という快挙を成し遂げました!


準優勝の青森山田は、U-17日本代表の柴崎選手を擁して13年連続で選手権に出場。
しかし、8月にキャプテンの椎名選手が左膝靭帯断裂による戦線離脱。それでも、全治8ヶ月の重傷も懸命なリハビリにより4ヶ月で回復。選手権では痛みをこらえて走り続けている椎名選手のプレーを観て、一生に一度の高校サッカーに対する意気込みがすごく伝わってきました。
青森に優勝旗を持って帰ることはできなかったけど、下級生が椎名選手の不屈の精神力を受け継ぎ、今大会の経験を糧にして、また選手権の舞台に帰ってくることでしょう。


優勝した山梨学院大付属は、スピーディーな攻撃サッカーが印象強いけど、2回戦以降最後まで無失点で勝ち上がってきた堅守も、今大会の勝因に挙げられると思います。
決勝戦では、今大会サイドバッグを任されていた井上選手が無念の負傷退場も、全員がカバーして一丸となって青森山田と張り合っていました。特に、優勝が決まった時にピッチ上で倒れ込む選手に抱き合う選手達の姿は、最後まで走り抜いた達成感が伝わってきて、すごく感動しました!


「山梨学院大付属のサッカー部の皆様をはじめ、関係者の皆様、初優勝おめでとうございます!」


今大会は優勝候補が次々と敗れる中、準々決勝の時点でフレッシュな顔触れでしたが、逆にどこが勝ち上がるか全くわからなくて、観に行けなかった準々決勝も結果を追うだけでも楽しめたし、今年も高校サッカー選手権大会を楽しく観させて頂きました!沢山の感動をありがとうございました!
来年の選手権開催も楽しみにしています!


写真上:碓井選手(山梨学院大付属)

写真下:手前から柴崎選手、成田選手(青森山田)
posted by 蜜柑星人 at 19:14 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

終了間際の全員攻撃。

DVC00106.jpgDVC00118.jpg

[関西大第一(大阪)VS青森山田(青森)]
初の4強入りを果たした関西大第一と、15回目の出場で初の決勝進出を狙う青森山田との対戦。


青森山田は、前半から速いサイド攻撃などでチャンスを伺います。また、関西大第一のセットプレーから、絶好のチャンスで久保綾祐選手が放ったシュートを、青森山田のGK櫛引選手が好セーブ。


再び青森山田は、サイドから仕掛ける成田選手が足を引っ掛けられて、PKのチャンスを得ると、FW野間選手が決めて先制。
さらに前半39分、中盤でパスカットしたMF椎名選手が、ペナルティエリア外からのロングシュートが決まり、前半2ー0青森山田のリードで折り返し。


後半に入り残り時間が迫ると、関西大第一は自軍の陣地からのフリーキックはGKの樫根選手が蹴り、あとの10人は全員攻撃に参加。
すると、試合終了間際にFWの久保綾祐選手が、ペナルティエリア内の混戦の中で左足のシュートが炸裂。続いてロスタイム、こぼれ球に反応していた途中出場のFW井村選手がダイレクトでシュートを放つと、土壇場で同点。


勝負の行方はPK戦へもつれ込みます。この試合のPK戦は、青森山田のGK櫛引選手が3本のPKを好セーブ!苦しみながらも青森山田が初の決勝進出を決めた試合でした。


青森山田は15回目の出場でついに決勝の舞台へ。
柴崎、椎名両選手を軸として、さらにサイドから仕掛ける速い攻撃が、2回戦から無失点の山梨学院大付属の牙城を崩せるかどうかが見所になると思います。


スポーツをするにあたって、どのチームもキャッチフレーズがあると思いますが、関西大第一は「月まで走れ!」というキャッチフレーズを掲げて、最後まで運動量が豊富なサッカーで勝ち上がってきました。
今大会を経験している1、2年生が何人か残り、また来年の選手権の舞台で「月まで走れ!一高サッカー部」の横断幕を掲げてくれることでしょう。


写真上:2点目のゴールを挙げたキャプテン椎名選手(青森山田)

写真下:最後まで粘り強いサッカーを魅せてくれた関西大第一イレブン
posted by 蜜柑星人 at 09:14 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4戦0封。

DVC00095.jpgDVC00156.jpg

今年の高校サッカー選手権では、強豪校が次々と敗れる波乱が続きました。そんな中、激戦を勝ち抜いてきた4チームが国立の舞台に登場。
準決勝の対戦カードは以下の通りです。

[1]矢板中央(栃木)VS山梨学院大付属(山梨)

[2]関西大第一(大阪)VS青森山田(青森)


[矢板中央(栃木)VS山梨学院大付属(山梨)]
勝てばともに初の決勝進出が掛かったこのカード、最初の30分はお互いに厳しいプレスから抜け出せず、先制チャンスをモノにできない。その中でも、矢板中央のGK三浦選手をはじめディフェンス陣が、山梨学院大付属の速い攻撃にしっかり対応。
しかし前半34分、右サイドから山梨学院大付属のキャプテン・碓井選手が放ったシュートがこぼれ球となり、反応したMF鈴木選手がシュートを放つと、矢板中央のGK三浦選手の股間を抜いて先制ゴール。


1点ビハインドで折り返した矢板中央は、後半に何度かセットプレーなどチャンスを作り、DFでキャプテンの須藤選手、FWの堀越選手が頭で合わせますが、2回戦から無失点の山梨学院大付属ゴールを割ることができません。


終盤に入ると、山梨学院大付属のFW伊東選手、MF碓井選手らが速い攻撃を仕掛けて、後半40分には碓井選手が右サイドから追加点となる効果的なゴールを決めて2ー0。最後まで反撃を続ける矢板中央を振り切り、4戦0封で勝利した山梨学院大付属が初の決勝進出を決めました。


山梨学院大付属は、攻撃陣のスピーディーなサッカーが印象強いのですが、守備も2回戦から無失点と攻守共に安定していると思います。
頂上決戦でも山梨学院大付属のサッカーを存分に魅せてもらいたいです!

矢板中央は、今回のベンチ入りメンバーの半分以上が2年生のチームです。残ったメンバーは、もう1回選手権に出られるチャンスがあるだけに、国立での経験をバネにしてまた来年帰ってきてもらいたいです!


写真上:決勝進出を決めてガッツポーズするGK松田選手(山梨学院大付属)

写真下:初のベスト4進出で健闘した矢板中央イレブン
posted by 蜜柑星人 at 09:05 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

1/9(土)〜11(祝)休日の予定。


仕事初めの日から、年末にやり残していた事がボロボロ出てくるわ、それに加えて予期せぬトラブルもあるわ、何だか慌ただしくて3連休取れるか微妙(=申請出せるようなタイミングがなかった…)なところでしたが、何とか3連休頂きました…。

そんなわけで、休日の予定はどうなっているのでしょうか??


9(土)
高校サッカー準決勝

[1]山梨学院大付属(山梨)VS矢板中央(栃木)

[2]関西大第一(大阪)VS青森山田(青森)

12時05分〜
国立


10(日)
ふるさと祭り2010
東京ドーム
※前々から気になるイベントなので、行ってみようと思います。


11(祝)
高校サッカー決勝戦
14時05分〜
国立
posted by 蜜柑星人 at 11:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 休日の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

注目の2年生プレイヤー。

DVC00016.jpg

※まずは昨日の市原臨海の試合の続きから…

[青森山田(青森)VS高知(高知)]
U-17W杯日本代表の2年生MF柴崎選手を擁する青森山田は、今大会1回戦はPK戦、2回戦は1点差と接戦を制して勝ち上がってきた高知と対戦。


この試合、先に青森山田が先制チャンスを作り、ピッチ中央でボールを受けた2年生MF柴崎選手のスルーパスが、2年生FW成田選手に通って先制ゴールを叩き込みます。

高知も前半28分に左サイドからのクロスを、オーバーラップしていたキャプテンの野村選手が押し込んで同点ゴール。


サイドから仕掛けていく両チームの攻撃ですが、前半終了間際に青森山田は、今大会注目の2年生MF柴崎選手が、左サイドからFW野間選手のクロスボールを体張って押し込み、青森山田が再びリードで折り返し。


後半は、青森山田のツートップ・野間、成田両選手が果敢にシュートを放ちますが、高知のGK田中選手が好セーブ連発。反撃に出る高知に対して、青森山田は堅守でシュートチャンスを作らせず、1点差を守り切ってベスト8進出。


青森山田のMF柴崎選手は、注目選手として挙がっている2年生の選手ですが、既に複数のJクラブでは、水面下で争奪戦が繰り広げられているとか…。
U-17W杯日本代表に選ばれる前にも、中学時代から高い評価を得ているみたいで、今大会に限らず今後も注目を集めることでしょう。


1/5(火)は、駒場スタジアム、市原臨海で準々決勝が開催されます。
国立の切符を懸けた準々決勝はナマで観られませんが、明日の結果も非常に楽しみです!

□駒場スタジアム
[1]広島観音(広島)VS矢板中央(栃木)

[2]ルーテル学院(熊本)VS山梨学院大付(山梨)


□市原臨海
[1]関西大第一(大阪)VS藤枝明誠(静岡)

[2]青森山田(青森)VS神村学園(鹿児島)


写真:ベスト8進出を決めた青森山田イレブン
posted by 蜜柑星人 at 22:21 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

府大会ノーシードから快進撃。

DVC00093.jpg

高校サッカー2回戦では、強豪校が次々と敗れる波乱がありました。今日は各地で3回戦が行われて、昨日に引き続き市原臨海まで行ってきました。


市原臨海での対戦カード2試合です。
[1]関西大第一(大阪)VS八千代(千葉)
[2]青森山田(青森)VS高知(高知)


[関西大第一(大阪)VS八千代(千葉)]
大阪府大会ではノーシードから勝ち上がり、今大会2回戦で鹿島(茨城)にPK勝ちして選手権初勝利で勢いに乗る関西大第一は、前半からFW久保綾祐選手のチャンスメイクなどで、速い攻撃を仕掛けます。
八千代は小刻みに繋いでいくところを、関西大第一の厳しいプレスで崩されてチャンスが作れない苦しい展開。


前半からラインを上げて、積極果敢な関西大第一は、前半17分に2年生MF濱野選手が、ペナルティーエリア外から豪快なロングシュートを放ち、関西大第一が先取点。

しかし、八千代も少ないチャンスからFWの石川選手に繋いで、前半27分に石川選手が同点ゴールを決めて、1ー1で折り返し。



関西大第一は、後半に入っても走り負けせず、どんどん速い仕掛けで八千代ゴールに襲い掛かりますが、八千代のGK永村選手が粘り強く好セーブ。
永村選手の好セーブに応えたい八千代イレブンでしたが…。後半32分に関西大第一は、左サイドからのロングスローを受けた2年生MFの梅鉢選手が左足で放ったシュートが決まり、2ー1と関西大第一が終盤に勝ち越し。
残り時間に懸けた八千代の反撃も及ばず、この試合は関西大第一が1点差で勝利しました。


関西大第一のサッカーを観て、ディフェンスラインも序盤から前がかりでしたが、攻守共にスピーディーで積極果敢なプレーをする印象を受けました。
八千代は個人的に注目してきましたが、関西大第一からシュートチャンスが作れず苦しい展開。GK永村選手をはじめディフェンス陣がよく踏ん張っていたけど、関西大第一が最後までよく走っていました。
戦国千葉を代表する八千代イレブン、雪辱をバネにまた選手権の舞台に帰ってきてもらいたいです!


写真:決勝ゴールを決めた梅鉢選手(関西大第一)
posted by 蜜柑星人 at 23:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球OBオールスターアスリートカップ。

DVC00052.jpgCIMG1232.jpg

1/2といえば、マスターズリーグで野球観戦初めなんですが、今年はマスターズリーグ開催が見送られてしまった為、東京ドームでは「プロ野球OBオールスター アスリートカップ」が開催されました。


昨日は、昭和36年の甲子園の再現で、浪商VS法政二高のOB戦を5イニングやって、その後にセ・リーグとパ・リーグに分かれてOBオールスター戦が行われました。


新年早々から往年の名選手を観ることができまして、西武の黄金時代ユニホームで出場した石毛、平野両選手は、個人的に好きな選手だっただけに、すごく嬉しかったです!
近鉄、巨人、横浜に在籍していた阿波野投手は、何だかよくわかんないけど、試合前にファミスタのナムコスターズのユニホームを着ていたり、山田久志投手兼監督は阪急、佐野投手は近鉄など、今では観られないユニホームで出場していた選手も観れて、野球ファンにとって有り難いサプライズでした!


それと、ロッテに在籍していた選手も出ていましたが、ロッテのユニホーム着てる選手が少なかったです…。
でも、「サンデー兆治」こと村田投手のマサカリ投法は、今年もしっかり観ることができました!しかも、オリオンズのユニホームを着てのマサカリ投法が、マスターズリーグの時とは違って格別でした!


今回はマスターズリーグの開催が見送らてしまったのは残念ですが、今回のOBオールスターは戦みたいに、1/2は何等かの形で野球のイベントは入れて貰えると大変有り難いです!
そんなわけで、新年早々から野球場通いして、楽しんできました。


写真上:平野選手(西武)

写真下:村田投手(ロッテ)のマサカリ投法
posted by 蜜柑星人 at 14:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1点勝負!

CIMG1086.jpg

今日の高校サッカーは、各地で2回戦が開催されまして、自分は市原臨海で八千代VS旭川実の試合を観てきました。
共に無失点で勝ち上がってきて、最後までハラハラする1点を争う好ゲームになりました。


旭川実は、前半から速い仕掛けでチャンスを伺うと、ゴール前のこぼれ球を旭川実の2年生MF阿部選手が頭で押し込んで先制。
しかし、八千代も旭川実の堅守から突破を図りますが、なかなかゴールが奪えない。厳しいプレスに遭いながらも前半39分にゴール前の混戦で八千代の2年生FW大和久選手のシュートが決まり同点。


後半も両チームの堅守により、緊迫した展開が続く中、八千代は後半24分に途中出場のFW磯部選手が勝ち越しゴール!

旭川実も最後までスピードを活かした攻撃で果敢に八千代陣内を攻めてきて、2分間のロスタイムにはコーナーからのセットプレーで、弾いたボールを受けた旭川実が絶好の得点チャンス。ヒヤヒヤした場面でしたが、八千代のディフェンスが凌いだところで試合終了のホイッスル。

最後まで緊迫した試合でしたが、2ー1で八千代が勝利して3回戦進出を決めました!
3回戦進出を決めた八千代は、市原臨海で関西大第一(大阪)と対戦します。


他会場では、優勝候補に挙がっていた前橋育英(群馬)、高校サッカー界の名門・国見(長崎)が敗れる波乱があれば、神村学園(鹿児島)が中京大中京(愛知)から10得点叩き出す大記録が飛び出すなど、いろいろあった2回戦でした。

今日も市原臨海で八千代の試合観てきます!


写真:八千代のキャプテン・長澤選手
posted by 蜜柑星人 at 11:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

2010年謹賀新年。

DVC00351.jpg

新年明けましておめでとうございます!

成田山新勝寺にて初詣から2010年が始まりました。けっこう人多かったけど、ゆっくり参拝することができました。
毎年引いているおみくじは「大吉」。確か2年前も大吉引いたけど、あまり大吉に相応しくない内容だったのを覚えています。何だか良い事良い事書いてあるけど、「コレ、絶対だな!?」って疑いたくなる内容もあります(笑)。まぁ、おみくじに囚われずに良い年にしますけどね!



犬吠埼には早めに移動して、初日の出待ちしていました。行く前までは昨日の強風が今日も続くのか不安もあり、着いたら着いたで雲も厚めに掛かっていて、出てくるまでじれったかったけど、今年は新しいデジカメでバッチリ撮れたので、遠路はるばる足を運んだ甲斐ありました!


今回の初日の出は、いくつかベストショットを選んで、mixiのフォトアルバムにも載せますので、ご覧頂ければと思います。


今年の自分は、昨年の嫌な思いを全て吹っ飛ばして必ず良い1年にします!
皆様にとっても良い1年になりますように、心から願っています!
ではでは、本年も宜しくお願い致します。
m(__)m
posted by 蜜柑星人 at 21:51 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。